お薬を効果的に服用する為の飲む時間と飲み方について

飲み薬には、効果を最大限に発揮できるよう、また、思わぬ副作用を引き起こさないように、飲む時間、形状、用量などが決められています。
これらを正しく守ることが大切です。

飲む時間について、「食前」とは、食事前の30分くらい前を指します。
食前は胃が空っぽの状態です。このときに飲む薬の特徴としては、胃粘膜に直接働きかけて効果を出します。
また、食事の前に胃の働きを活発にし、食欲を増す効果があります。
また、食前は胃酸によって胃の中が酸性に保たれており、その状態で飲んだ方が効果が上がる薬があります。

「食後」とは、食後30分くらいまでを指します。食事で胃が満たされている状態です。
この時に飲む薬の特徴としては、胃の消化を助け、胃もたれなどを防ぎます。
また、胃粘膜への刺激が強い薬は、食後に飲むことで食べたものが胃粘膜への刺激を抑えてくれます。
また、食べ物と一緒の方が吸収されやすく効果のある薬があります。

「食間」とは、食後2,3時間のことで、食事と食事の間を指します。
食事の最中と勘違いされやすいので注意が必要です。
効果としては、食前の場合に飲む薬と似ていますが、食前との違いは、次の食事まで1時間程度空けることにあります。

「寝る前」とは、就寝30分くらい前の状態を指します。
寝ている間に効果を発揮する薬や、質の良い睡眠をするための薬を飲むときに効果があります。
便秘薬などのように翌朝のお通じを促す薬もあります。

「頓服」とは、必要に応じて飲む薬です。
これは、頭痛薬、下痢止め、乗り物酔いの薬など症状が出たときに飲む薬です。1回飲むだけで効果が出る薬が頓服といわれる薬です。

おすすめ情報サイト

  • まつ毛を美しく成長させることで、注目のまつ毛美容液について紹介しています。
  • 男の方にとって深刻な悩みがEDです。治療薬であるバイアグラを服用することによってEDが改善されたという声は多いです。
  • 注意したい薬の飲み合わせ、食べ合わせ・・・おくすり検索をはじめ、おくすりに関する様々な情報を提供しています
  • 出会いが少ない男女の方にオススメのコミュニティサイトの紹介です。300万人という莫大な会員数を誇る人気サイトのハッピーメールなら、自分に合った素敵な異性を見つけることができます。

薬の飲み方について

薬の飲み方については、基本的に水かぬるま湯で飲むようにしましょう。
牛乳や乳製品と一緒に飲むと、胃をアルカリ性にする働きがあるので、薬によっては効果が薄れたりする場合があります。

ジュースと一緒に飲まない方が良い薬もあります。
例えば、コレステロールや血圧の薬は、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと効果が強く出たり、副作用が出ることがあります。
アルコールの場合は、風邪薬などに用いられているアセトアミノフェンは、反応を起こして肝臓に負担をかけてしまう場合があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ